杉山亮さんが面白い その2

まあ、すっかりブログも久々になってしまいました。

昨年9月に仕事を始めてから、なんかもう怒濤の毎日でして…
という言い訳はこのへんにしまして。

昨日、杉山亮さんのトークセッションにいってまいりました。
以前東浦和図書館の講演会を聞きに行った感想をここに書いたら、
なんと杉山さんご本人からコメントをいただいてしまったという、
あの、杉山亮さんですよ。

あの時は「1月のおもちゃばこフォーラムに行くぞ!」と息まいておきながら、
結局行けず…(泣)。

でも、杉山さんの「物語」に対する考え方ってのが、
実は私には非常に共感できるものがあるんでして、
できればもっと知りたい、追いかけていきたい作家さんなのでして、

そんなわけで、久々にお話がきけるのをワクワク楽しみに行ってきたのです!

会場は、ジュンク堂書店池袋本店。
本店やって〜。
いいねえ、東京は!(田舎もんまるだし)
4階喫茶コーナーにて、定員40名のトークセッション。
お題は「被災地に絵本・児童書を送りながら考えたこと」

そう、杉山さんは、震災後、かなり早い時期に、
「被災地に本を送る窓口になります」宣言
をしてくださったのです。

正直「いま、送るべき物は本なのか?」という疑問は、
活動を立ち上げた段階から拭えなかった、という話、
いざ動き出してみての苦労話、
実際受け入れ先を探し、本を届けてみて感じた事…。

かなり赤裸々に正直に、話してくださいました。

特に「想像力」の話が印象的でした。
送られてくる本の中には、とても子ども達には渡せないような古い本、汚い本も多くあり、それは明らかに、送る側の「想像力」の欠如であるということ。
自分が送った本を、被災地の子どもたちが手にとってどのように楽しむか、ということが想像できる人とできない人。
それが送る本に如実に表れるということ。

これって、もちろん本だけの話じゃないんですよね。
いま目の前に見えている生活の、その背景に何があるのか、どんな過去があって今があるのか、未来はどうなっていくのか、自分のことでさえ想像することを怠ってきた
日本人が、ましてや被災地の人たちの今、そして未来を想像するなんて、恥ずかしながら、かなり高度なことになってしまってるんではないでしょうか。

意識しなければ。
と思いました。

杉山さんの今後。
11月の小淵沢ものがたりフェスティバル、
12月の新宿での「冬のものがたりライブ」
ぜひ行きたいと思ってます!
小淵沢ひとりで行けるかな(笑)

| | コメント (0)

«近況報告などなど