« 出動!ドイツの消防車 | トップページ | 1.Muenchner Buecherschau junior その一 »

観劇レポート その3「小さい魔女」

私が住んでいる寮から歩いて行ける距離に「ミュンヘン子ども劇場 Münchner Theater für Kinder」がありまして、毎日のように子ども向けのお芝居が上演されています。内容は、有名な児童文学やグリム童話、ヤーノッシュのお話など、ドイツでは「誰もが知ってる古き良きお話」ばかりなのだと思います。チケットは1000円弱なので、これはジャンジャン見に行こう! というわけで、手始めに先週の日曜日「小さい魔女 Die kleine Hexe」を見てきました。

「小さい魔女」は「おおどろぼうホッツェンプロッツ」で有名なオトフリート・プロイスラーの幼年童話で、落ちこぼれ魔女がお局魔女たちをやっつける痛快物語です。大好きなお話なので、ストーリーはだいたい覚えていたのですが、念のため国際児童文学館で邦訳本を借りて、予習してから挑みました。

会場は、ジム・ボタンの時にも増して子どもだらけ!だいぶ後ろの席に座っていたのですがみんなちっちゃいので、まあ見晴らしの良いこと。親子連れや、じいちゃん孫連れもいましたが、子供会だか学童保育だかの団体さんがけっこう目立ちました。

主人公の「小さい魔女」は小さいといっても127才なので、原作では見た目がばあちゃんなのですが、お芝居では「元気な姉ちゃん」的なキャラクターになっていました。でもとってもチャーミングな役者さんで、子どもたちはいっぺんに彼女を好きになったようです。年寄りの魔女たちに「おまえは悪い魔女だ」と言われて小さい魔女が落ち込むシーンでは、たまらず舞台に駆け寄って慰める子もいるほどでした。会場中の子どもたちが「悪い魔女なんかじゃないよ!元気だして!」と一生懸命呼びかける姿には、「ええ奴らや〜」と、ちょっとジーンときてしまいました。

こぢんまりした劇場で、入場料も安いので、どんなもんかしらと思っていましたが、予想以上にクオリティーが高く大満足。来週は「ホッツェンプロッツ」と「ジム・ボタン」を見に行きます!

P1040462 これが原作本です。

P1040314 劇場の入り口。

P1040295 ポスター。1ユーロで売ってます。

P1040311 劇場内です。

P1040312

P1040304 休憩時間には3つくらいの団体が劇場の2階でお誕生パーティーをしていました。「誕生日プラン」みたいなのを劇場が用意してるようです。でっかいケーキに驚きました。

P1040307_1 二階席への階段。ポスターや舞台写真がいっぱい。

P1040305_1 よろいもあったり…なんとも楽しい雰囲気です。

P1040642 舞台写真。昔のものです。

|

« 出動!ドイツの消防車 | トップページ | 1.Muenchner Buecherschau junior その一 »

コメント

お~・・・やっぱり雰囲気がステキですな。
そしてやっぱり勉強家のちえぞう☆
流石です。見習わなければ。予習は大切ですねぇ。
ポスター売ってるのねvカワイイv
来年の演フェスでは、缶バッチを作り、
アンケートのお礼に配る予定です。
ポスターもよいなぁ・・・

>ちえぞうです。いやいや〜ドイツ語力がないので予習をしなければ台詞の意味がわからないのよー。やむにやまれずであります。ほんとの勉強家なら今頃ドイツ語ペラペラになっているはずよー。とほほ。

投稿: 実生 | 2007年3月19日 (月) 22時22分

ホッツェンプロッツ懐かしい!
あれザワークラフト食べられたおばあさんが最大の被害者なんだよね。和むわ~。
あとジャガイモの皮を向けない魔女とか。

ドイツは色彩がきれいだね。

>ちえぞうです。ザウアークラウトとソーセージを食べられておばあさんが気絶したのは、2作目の「おおどろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる」で、1作目ではコーヒーミルを盗まれて気絶したのよー。そして、1作目でおばあさんの孫のカスパールが魔法使いに捕まえられた時に受けた罰が、大量の「ジャガイモの皮むき」だったのです。魔法使いはその間パーティーかなんかに行ってたんじゃないかな? 「魔法使いに捕えられて、どんな酷い目にあうのかと思えば、皮むきか!」と、子ども心に驚きました。「それともドイツでは罰として定番なのかなー?」と、まだ見ぬ外国に思いをはせたりもしました…。「皮むき」のくだりは、子どもの私が「ホッツェンプロッツ」シリーズの中で最も印象に残ったシーンです。プロイスラーさん、ごめんなさい…。ちなみに、今週日曜に見に行くのは「ふたたびあらわる」の方ですよー。

投稿: あき | 2007年3月19日 (月) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187824/5744333

この記事へのトラックバック一覧です: 観劇レポート その3「小さい魔女」:

« 出動!ドイツの消防車 | トップページ | 1.Muenchner Buecherschau junior その一 »