« 観劇レポート その5「おおどろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる」 | トップページ | 「寄り合い」に出席 »

寮のこと

ミュンヘンでの寮生活もあと二週間。こんな終盤になってからなんなのですが、あらためて寮生活の紹介をしてみようかと思います。

私の住んでいる寮はカトリックの教会が運営している女子寮で、シスター・アンナとシスター・テレサという2人のシスターが切り盛りしています。4階立てで、部屋は1人部屋から3人部屋まであって、全部で50部屋くらいあるのかな?

ここに住む人には2タイプあって、1つは「Blockschulerin(ブロック学生?)」という、16才から18才くらいまでの女の子たち。2週間交代で入れかわり立ちかわり新しい子がやってきます。この子たちが何をしにミュンヘンに来てるのか、いまいちよく分かってないのですが、たぶん、職業実習みたいな、学校の課題なのだと思います。

もう1つのタイプが、私のような長期滞在タイプ。こちらは、ベロニカ(メイクアップアーティスト)やクリスティーネ(製本職人)のように、専門職を目指して学校に通っている人や見習いとして働きに出ている人、私のように語学学校に通う外人などで、長い人だと2〜3年は住んでいるようです。(ドイツでは「職業訓練」というのがしっかりしていて、本屋や薬屋で働くにしても、専門家として認められるには一定の訓練をつんで資格を取らなければなりません。)

彼女たちを見ていると、お金はあまりないけれど、自分の選んだ職業にプライドを持ち、目標に向かって頑張っていて、なんだか輝いています。自分の人生に責任を持って生きているからでしょうね。20代前半の子が多いのですが、私よりずっと大人に見えます。(そしてキレイな子が多い!ドキドキ…)

さてそんなわけで、かたやキャピキャピティーンエイジャー、かたやしっかり者のお姉さんという2タイプが同居してるわけで、当然そこには「お局」現象が生まれます。クリスティーネなんて、恐いですよー。コンロの切り忘れを見つけただけで、1部屋1部屋回って犯人を突きとめてました。はからずも私はクリスティーネ&ベロニカという、最強のお局グループと仲良しになったので、ここでの暮らしは安泰です。よかった…。

いろいろ規則もありますが、慣れると、とても暮らしやすいところです。挨拶と笑顔を忘れず暮らしていると、みんなとても優しくしてくれます。戻れる事ならまた戻ってきたいなと思う環境です。

P1030083 お部屋公開♪3月はじめにこの部屋に移ってきた頃の写真。今はもっと散らかってます…。角部屋なので、床面積が広いです。窓の下にあるのが暖房装置。(学生会館みたい…)



P1040663 食堂。朝ご飯、昼ご飯はここで食べます。朝はパン、チーズ、ハムなどを自由にとるビュッフェ形式、昼は日本でいう「晩ご飯」的なものが出ます。(ドイツ人は昼に重いものを食べて晩は軽く済ませます)晩ご飯は各自で。私は日本人なので晩にも重いものを食べてます!


P1040664 各階にある共同キッチン。冷蔵庫、電子レンジ、オーブン、電気コンロがあります。奥の窓の手前に置いてあるのが、ドイツ式湯沸かし器。「ピーーキュルキュルーー!ゴボゴボ!」とすごい音が鳴って猛烈なスピードで湯が沸きます。

P1040662 PCルーム。いつもここで書き込んでます。平日はいつも混み合ってます。







P1040506 地下にある共同洗濯機。記号の意味が全然分からない…。





P1040505 洗濯に必要なもの。50セント玉3枚。他の硬貨は使えないので、50セント玉をいつもためてます。






P1040509 シャワーは各階に1つ(6時から10時用)と、地下に1つ(いつでも使える)。「髪の毛は各自で捨てましょう」と貼り紙してあります。書体がおそろしい…。

|

« 観劇レポート その5「おおどろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる」 | トップページ | 「寄り合い」に出席 »

コメント

おおー!
これが、小鳥のさえずりが聞こえる(?)PCルームか!
どんな環境で書き込みしてるのか、やっとイメージができたわ。
洗濯機も、強力そうやね・・・

投稿: みずむし | 2007年4月 2日 (月) 02時25分

おはよーはじめましてやね。
やっと、ゆっくり見れました!
たくさん書いててすごい!!
ちょうど、寮の話やし、
日常がわかって良いね!
ミュンヘンもあと少し。
またのぞきまーす

>ちえぞうです。にっちゃん、書き込みありがとう!一人暮らしもあと2週間ですが、まだまだやりたいことが山積みのちえぞうです…。

投稿: に | 2007年4月 2日 (月) 11時08分

あ、湯沸し、すんっごい速く沸く奴でしょ!沸くけど保温はできへんやつ?NZにもあって初めてみたとき感動した(笑)
でもなんか最近日本でも見かけるのだ。

>ちえぞうです。そうそう!保温できないやつよ。いちいち沸かすのもめんどくさいので、安い屋さん(日本でいうドンキみたいな)で保温ポットを買っちゃったよ。ミュンスターで茶道するときにも使えるしね。

投稿: まいっちん | 2007年4月 2日 (月) 16時20分

ちえぞうさま
はじめまして。藤田と申します。すてきなブログですね。寮生活のご紹介楽しく拝見させていただきました。
早速ですが,9月15日より,バレエ留学する15歳の知人のために,ミュンヘンで安全な宿泊場所を探しております。
他の寮では,日本人という国籍のために残念ながら最終的に断られてしまいました。差し支えなければ,ご滞在の教会運営の女子寮をご紹介願えないでしょうか?
教会運営の寮の場合,あまりメールなどでは申し込みを受け付けていらっしゃらないのではないかと思いますが,ファックスでの申し込みは可能でしょうか?
突然のお願いでご迷惑をおかけしますが,何卒よろしくお願い申し上げます。

藤田今日子

投稿: 藤田今日子 | 2008年9月 4日 (木) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 観劇レポート その5「おおどろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる」 | トップページ | 「寄り合い」に出席 »