« おもちゃ博物館&観劇レポートその8「パルシファル」 | トップページ | エンデのお墓参り »

卯と卵

私がドイツに来てからこの2ヶ月の間、ドイツはずっと「イースター」ムードでした。

イースター(復活祭)というのは、日本ではほとんど馴染みがないですが、こっちではクリスマスの次に大切な年中行事です。イエス・キリストが十字架で処刑された三日後に復活した日曜日(今年は4月8日)をお祝いするお祭りで、その前後の金曜と月曜も祝日になります。つまりは4連休になるんです。さらに、春の訪れをお祝いするお祭りでもあります。

てことで、簡単にいうと「命」や「誕生」をテーマにしたお祝いなのですね。

クリスマスにデコレーションするのと同じような感覚で、イースター前になるとみんな自分の家とか身の回りをイースター風にデコレーションします。これが、ほんとにかわいい!クリスマスのメインキャラが「サンタ、ツリー、雪」だとすると、イースターのメインキャラは「ウサギ、卵、お花」。(ウサギはいっぱい子どもを産むから。卵は誕生のシンボルです)さらに卵から派生して、ヒヨコ、にわとり、カモなど…とにかく動物がたくさん。お花もたくさん。私の好きな黄色オレンジ黄緑系の色が多くてウキウキします。

そして、卵型やウサギ型のチョコもたくさん!こっちではバレンタインのかわりにイースターがチョコのシーズンなのです。身近な人にプレゼントしたり、自分で買って食べたり。

かわいいし、楽しいので、日本にもイースターがあったらいいのになーと思うのですが、バレンタインやゴールデンウィークと内容が微妙にかぶるので難しいかなー。

P1040677_1 お店のショーウインドウが、ほんとかわいいのです。







P1040757 ダルマイヤーのショーウィンドウ。








P1040405 近所のパンやさんのショーウィンドウにて。








P1040404 テントウムシもかわいい。








P1040821 学校のそばのカフェにて。








P1040822 こちらも。毎日ながめてました。








P1040797 ご近所のインテリアショップのウサギ。出来がいい。







P1040867 近所のワインバーにも出来のいいウサギさん。







P1040799 学校のそばの出店で出会いました。かわいい〜。







P1040808 デパートのイースターコーナー。卵とウサギがあふれてます。







P1040810 お飾りコーナー。








P1040813 すっとぼけたお2人。








P1040814 卵キャンドル。








P1040816_1 スイーツコーナー。ものすごい量です。








P1040829 お花屋さんにも卵の寄せ植えが。








P1040907 おもちゃ屋さんでもウサギ特集。








P1040915 市場でも麦わらウサギ。








P1040921 なんと本物のウサギも売っていた!








P1040317 小学校の校庭にも卵のなる木。








P1040529 うまいチョコに出会いました!語学学校の先生がふるまってくれたのですが、中にキャラメル味のカリカリっとしたのが入っています。




イースターの前後2週間は日本の春休みのようなもので、みんな休暇をとります。なので寮はガラガラ。残っているのはお家に帰れない外国人くらいのもんです。連休中寮に残っていたのは私とポルトガル人のアンナだけ。「なんにも予定がないよー」とぼやいていたら、シスターたちがイースターのパーティーに招待してくれました! 

日曜日の朝、まず聖ミヒャエル教会のイースター礼拝へ。この教会はバイエルン王家も眠るでっかい教会で、中はめちゃめちゃゴージャス、人もたくさん、そして音楽が!オルガンが!歌が!音響が!ほんとにすごくて、ほとんど放心状態で聞いていました。これが西洋文化ねー。

礼拝というものに参加するのも初めてだったので、「ひえー、神父さんも歌ってる!」「え、今立つの?あ、膝をつくの?え、アーメン?」と圧倒されっぱなしでしたが、シスター・アンナがサポートしてくれたのでなんとか浮かずに済みました。

キリスト教の威力に圧倒されて、ぼへーっとなりながら教会をあとにし、お楽しみの「イースター朝ご飯」へ。朝ご飯といっても、11時からなのですが、シスターたちが身近な人を招待して、ごちそうをふるまってくれたのです。みんなでご飯を食べて、おしゃべりして、シスター・アンナのお友達のオペラ歌手夫婦が歌を歌ってくれたり、シスターがギターを弾いてみんなで歌ったり…。12人ほどの小さな集まりでしたが、とてもあったかい素敵なパーティーでした。これでイースターシーズンが終わってしまうのかと思うとちょっぴり寂しいです。

P1040930 パーティーのお部屋。








P1040927 うさぎパン!








P1040928_1 ひつじケーキ。








P1040926 外には卵のなる木。








P1040955










P1040953










P1040931 部屋にも卵のなる花。








P1040942 オペラ歌手夫婦。タダで聞かせてもらっていいのかしらと思うほど素敵でした。







P1040960 みんなで合唱!








P1040965 最後に私の部屋のささやかなイースター飾りをご紹介。本物の卵はどれでしょう。






|

« おもちゃ博物館&観劇レポートその8「パルシファル」 | トップページ | エンデのお墓参り »

コメント

ほんもの卵は……ピンク!!
に1票いれま〜す♪
イースターにワーグナーの舞台神聖祭典劇「パルシファル」をセレブ席で観られるなんて
なんとラッキー?なことでしょう

どうぞ お願い!
浄土宗徒にもどって帰って来てね

>ちえぞうです。正解!パルシファルはイースターの「聖金曜日」のお話なので、この時期に合わせて上演されたんでしょうね。んーしかし、浄土宗徒には理解しにくいポイントがいっぱいありましてねー。髪の毛で足を拭くとか…。難しかったです。

投稿: いくえちゃん | 2007年4月12日 (木) 09時38分

春*春*春が来て嬉しくってしかたな~いって感じがでてますね。ラブリ~カラーのすきな私はウハウハでした。

>ちえぞうです。そうそう!冬が寒いだけに、こっちの人たちはみんな「春が嬉しくてしかたないよ〜」と体中でアピールしてます。つまりは、ちょっと日差しがあるだけで、すぐ半袖や上半身裸で表でビール飲んだりします。「気が早いよっ」とつっこみたくなります。

投稿: ばすけっと | 2007年4月13日 (金) 20時10分

ウサギ、卵、ウサギ、卵、ウサギ、卵、ウサギ、卵…これがホンマモンのイースターなんや、すごいなあ。1回見てみたいなあ。
(BGMは『ベルベットイースター』(ユーミン)って、古すぎますか?)

投稿: ニコライ博士 | 2007年4月14日 (土) 19時50分

うさぎかわいいな~
私は鳥好きではありますがウサギ好きでもあるのです
あとタイトル、最初てっきり「卵と卵」かと思ってしまったよ。
「卯」って・・・あなた賢すぎです。

もう引っ越しはすんだんでしたっけ?

>ちえぞうです。ありがとう。なんか、おもしろいなーと思ってね。

投稿: みずむし | 2007年4月15日 (日) 11時08分

プリティです~~~
ウサギも卵もめちゃくちゃキャワイイ!

本場で本物のミサに参加するなんて、
貴重な体験が出来ましたね
私なんて、先日教会式の結婚式に初めて出て、
(今までは、神式しか出たことが無かったので)
テレビと同じだ~と感動したような次第
教会に足を踏み入れたこともあまりないのです
大浦天主堂みたいな観光名所的なところしか知らない(ー_ー)

そちらは、教会が全ての中心ですものね   
日本のように、宗教があいまいなものではないのでしょうね

>ちえぞうです。そうです。もうカトリックばりばりでびびっちゃいましたよ。コンサート気分で参加してしまったので…。でもお香を焚いたり、水で手を清めたりとかって、どの宗教にも共通するんだなーと思ったり、いろいろ興味深かったです。

投稿: もりたん | 2007年4月16日 (月) 01時08分

お久しぶり~ 3月にブログ開設を教えてもらってから、もうずいぶん経ってしまいました。先週から読み始めて、ついに完読!いもいも日記、面白いです。会社でのお昼休みの楽しみが増えました!また、学校での様子も教えてね。

>おー、見てくれてありがとう!せっかく楽しみになったころにストップしてしまってごめんなさいでした。またちょくちょくのぞいてねー。

投稿: みなくち | 2007年4月18日 (水) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おもちゃ博物館&観劇レポートその8「パルシファル」 | トップページ | エンデのお墓参り »