« いもいも日記、再開です | トップページ | 小学校で働く »

新しい家、新しい家族

ミュンスター駅から車で40分。田園地帯の真ん中にぽつんと現れる小さな村ウェストキルヒェン(Westkirchen)に私は今住んでいます。

ホストファミリーはペルケ一家。お母さん(と言ってもわたしと5才しか年が違わないのですが…)のイルカ(Ilka)は、私がこれから勤める小学校の先生。私のホストティーチャーでもあります。クールビューティーだけど、あたたかい、素敵な女性です。

お父さんのローラント(Roland)は、自然食品の会社に勤めています。でも出勤日は育児バージョンで週3日。半分主夫なお父さんです。息子ヨッシー(Jossi)はもうすぐ5才、娘シャナ(Channah)は3才です。

最初の印象は、とにかく子どもが!失神しそうなほどかわいい!

特に下の女の子シャナが素晴らしい。見た目も食べちゃいたいほど愛らしいのですが、彼女は勘が強いというか、とってもユニークなのです。
3才ながら、自分に何ができて何ができないかよく分かっていて、朝ご飯の時にはテーブルの上にあるものをじっと眺めた後「このパンを切ってマーマレードを塗って。あとお水をください。りんごジュースはいりません。」というようにしっかりと注文します。注文の内容は毎日変わるので、彼女なりに毎回よく考えて決めているようです。

上の男の子ヨッシーはちょっとあかんたれですが、自分の得意なことには誇りを持っています。来てすぐの頃は、私が家族の3番目の位置を奪ってしまった感じでちょっと複雑でしたが、今徐々に仲良くなりつつあります。最近は私が日本から持って来たプラスチックの忍者刀でよくチャンバラして遊んでます。

子どもが中心の生活で、しかも外国人をかかえこんで、パパやママは大変そうですが、なんとか助けられればと思いながら、子どもたちともみくちゃになって遊ぶ毎日です。

P1050151 お家の玄関側。







P1050148 庭側。







P1050081 広い庭!







P1050080 子ども2人の為だけにこんな立派な遊具が!来たときは「か、金持ち!?」と思いましたが、田舎ではこれが普通のようです。




P1050083 砂場もあるのです。







P1050082 天気のいい日はここで晩ご飯。







P1050135 私の部屋。屋根裏ですが、かなり広いです。






P1050138 ソファーもあります。ありがたい。







P1050128 窓から見える景色。美しい。







P1050129 右手には畑が広がってます。







P1050131 子供部屋の横にはでっかい黒板があります。






P1050130 私が来た日にヨッシーがくれた絵。私が電車に乗ってやってくるところだそうです。





P1050139 三輪車をこぐシャナ。







P1050181 砂場で遊ぶ子どもたち。左にいるのがヨッシー。真ん中がいとこのマウリッツ。田舎なので、親戚はほとんど近所に住んでます。

|

« いもいも日記、再開です | トップページ | 小学校で働く »

コメント

おお~~~~っ!!
ようやく日記再開やね!
それにしても、いい家やね~
(※いや、家そのものをほめているわけではないのですが)
子供達も可愛いみたいやし、
大変そうやけど、いい環境でよかった×2。
ドイツは、育休制度がしっかりしてるのかな?

投稿: みずむし | 2007年5月15日 (火) 23時17分

日本は夜…グーテンアーベント(でしたっけ?)
再開おめでとうございます。新しい環境でがんばったはるようですね。
これからも、楽しみにしております。

投稿: ニコライ博士 | 2007年5月15日 (火) 23時41分

「あかんたれ」って関西以外じゃ通じないんだよね。

ヨーロッパの田舎風景いいね~。ドイツは衛生面でもあんまり問題なさそうだし住みやすそう!
いいドイツ生活になりますように!

投稿: あき | 2007年5月16日 (水) 00時31分

ワタシがいってたNZのおうちも、家に砂場があったよ~ってか、海の砂浜から砂持って来てた(笑)なんかなつかし~な・・・。
キレーなおうちだ、すばらしい!でもなんか紫外線強そう?気ぃつけてちょ。
子供いると楽しいしとってもいい語学の先生になるよぉ!!ふぁい☆

>ちえぞうです。皆様、すごい勢いで書きこんでくださって、ありがとうございます!一人じゃないんだなあと、じーんときます。よく考えたらこんな田舎に長期で住むのは生まれて初めてなので、いろいろ新しい体験ができそうです。これからもお楽しみにー。
まいちん、紫外線はたしかに強いかも。でもドイツの人はあまり気にしてない、というか、積極的に日に当たりに行ってます。私が「焼けちゃうよー」と気にしてると、「何いってんの、ドイツでは焼けた肌の方がうらやましがられるのよ!」と言われました。

投稿: まいっちん | 2007年5月16日 (水) 01時32分

昔カナダでホームステイしたときドイツ人の女の子が一緒だったんだけど、その子も日焼けサロン行ってるって言ってた。赤くなるのがいいみたい。でも「自分がクレージーだってのはわかってるよ」って言ってた。そういう風潮なのかぁ。その子のドイツの家の机も赤かったので(写真見せてもらったら)急に思い出した。メールはちょこちょこしてたけどもう途切れてしまって、なにしてんのやろな〜あの子・・・。

>西洋人は「赤く」なるのねー。私はちゃくちゃくと「どす黒く」なっております…。とほほ。赤い机、素敵でしょー。

投稿: まいちん | 2007年5月16日 (水) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いもいも日記、再開です | トップページ | 小学校で働く »