« 箱入り&ゲネ | トップページ | 舞台に立つ! »

本番当日

ぼろぼろのゲネプロから一夜明けた5月18日、とうとう本番当日が来てしまいました。「絶対ミスするよおー。やばいよおー。」と正直かなり胃が痛い。
しかも今日はホストマザーのイルカとそのお姉さんが見に来るというではないですか。ひえー、もうちょっと後に来てくれればいいのにー。

開演は夜7時。日本では朝から集合してぎりぎりまできっかけを確認したりするものですが、わが劇団では「6時くらいには来といてねー」とかなりアバウトなのでした。
でも私は着物を着なければならないし、かなり不安なので3時くらいには会場入りする事にしました。お家で髪の毛だけセットして、いざ出発。

四苦八苦して着付けをし、舞台裏へ行くと、ガリレイ役のアルミンが素晴らしい舞台転換表を作ってくれていました。あんた主役なのに…えらい、えらすぎるよ!
これで安心!と思って目を通したものの…読めない…(泣)
言葉の壁…。自分でがんばるしかありません。

午後6時。お客さんが入ってきました。書き忘れていましたが、このお芝居、客席でイタリア料理やワインを楽しみながら見れるのです。会場に来たお客さんは、まず料理を注文して、開演を待ちます。(ちなみに前回は「トゥーランドット」だったので中華料理だったそうです)お料理を担当するのはノルベルトの奥さんとそのお友達。皆さん朝早くから来て準備してくれてました。

客席サービスはそれだけではありません。フォルカー扮するイタリア人ウェイターが「ターノシンデマスカー!」とやかましくテーブルを回り、プロのクラウン(ピエロ)もやってきて面白おかしくパフォーマンス。「せっかく来たのだから、いろいろ楽しんでもらいましょう!」という感じです。

そんな会場の一角で、私はお客さん相手にプチおりがみ教室を開け言われ、最初は全く意味が分からなかったのですが、周りの様子を見ていて「なるほど、遊園地のマスコットみたいなものね!」と合点がいき、なんだかふっきれて楽しくなってきました。私なりにカタコトのドイツ語でがんばってみました。

まず会場に入って来た4人のお客さんを「いらっしゃいませ。私は日本から来ました。どうぞお座りください」とテーブルに案内し、座ったとたん「ここへ座ったからには折り紙を学ばなければなりません!」と宣言。
「カエルはこの芝居の重要なテーマです!」と適当な事を言いながら、むりやり折り紙の「ぴょんぴょんガエル」を折らせます。(ちなみにカエルは演出の指定。)

「間違い!」「うまい!」「へたくそ!」とか叫びながら、完成させたあと「ほらぴょんぴょん跳ぶでしょ?」と見せ、最後に「芝居がつまらなかったらそれで遊んでください」と一言添えて解放。けっこうウケましたねー。

だんだん自信が出て来て、人が集まらない時に自分から「日本のオリガミ知ってますかー?」とテーブルを回ると、チップをくれようとするおじさんもいました。

ぴょんぴょんガエルの折り方は、日本から持って来た本を参考にしたのですが、なんとお客さんの中に「私はもっといいカエルが折れる」という人がいて、逆にその場で教えてもらうことに!悔しいけれど、たしかにそっちの方が良かった。ドイツ人の中にも折り紙マスターがいました。

そうこうしていると、6時40分ごろ演出ラインハルトが大慌てでやってきて、「チエ、ウォーミングアップするよ!」と楽屋へ連れて行かれました。みんなで体をほぐしたり、呼吸を整えたり、肩を組んで輪になって歌いながらぴょんぴょん跳ねてテンションを上げたり、練習では全くしなかった芝居の稽古っぽいことをここになって体験。「着物が着くずれるー」と焦りましたが、ヨーロッパの演劇ワークショップを初体験したような感じで、かなり楽しかったです。
なぜか音楽担当のトーマスも参加してました(笑)

「よし、がんばろう!」と握手を交わし、私とフォルカーは再び何事もなかったかのように客席へ。
いよいよ始まります!

P1060127今日の演目。







P1060107 いろいろ準備中の開場前。







P1060099 これが私のおりがみコーナー。箸は一度も使いませんでした(笑)






P1060101 イタリア料理!ビュッフェ形式です。







P1060103 うまそー。







P1060117 料理を取りにくるお客さんたち。







P1060113 お台所で一枚。お料理担当の素敵なお二人。






P1060119 プロのクラウン、ダニエロ。前回の芝居では主役を演じたそうです。今回は不参加ですが、客席をあっためるお手伝いとして来てくれてます。




P1060118 開演前、イタリア人ウェイターとクラウンはけんかばかり!かなりやかましいです。





P1060112 受付です。







P1060108 ロビーには過去の公演の写真や新聞の批評記事が掲示してあります。






P1060110 前回のお芝居「トゥーランドット」のコーナー。






P1060111 10周年おめでとう!







P1060115 物販コーナーもあります。演出ラインハルトの書いた本や、音楽担当トーマスのCDが売ってます。

|

« 箱入り&ゲネ | トップページ | 舞台に立つ! »

コメント

片言の外人が「間違い!」「うまい!」「へたくそ!」
って叫んだらそりゃおもろいわ
ナイスアイデア!

>最初の物腰をやわらかくしておいて、突然豹変するのがポイントです。

投稿: にーな | 2007年5月23日 (水) 11時52分

↑先にツッコまれた

投稿: みずむし | 2007年5月24日 (木) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 箱入り&ゲネ | トップページ | 舞台に立つ! »