« サーカス、サーカス! | トップページ | ミュージカル「シンデレラ」 »

ミュンスターの動物園

土曜日は動物園に行ってきました。
ペルケ一家は動物園の年間パスを持っているので、しょっちゅう行っているようです。
この日も「今日は暇だなあ、動物園にでも行こうか」というノリで出かけました。
私はパスを持っていないので、一人チケット売り場へ。

P1060830 大人1枚12.5ユーロ。んー、ちょっと高い…。






P1060857 この日は雨模様だったのですが、この動物園は雨天対応型(名前がAllwetterzooですからね)なので大丈夫。案内図のブルーのラインが雨天用の順路です。ちっちゃな水族館やイルカショーの施設もあります。


雨が降ったら屋内に入り、やんだら外に出て…というのを繰り返しながら、ぐるっと一周回りました。

P1060831 何ていう名前か分からないけど、この鳥がめちゃめちゃかわいかった〜。






P1060833 カンガルーがいて、







P1060834 トラが寝ていて、







P1060835 サイに、







P1060836 ヒョウに、







P1060837 キリンさんに、







P1060832 鯉。…なぜ?
すんごく蒸し暑いアジアの熱帯コーナーみたいなところで泳いでました。とりあえず「日本の動物園には鯉はいませんよ」とホストファミリーに説明しておきました。


P1060843 ペンギンパレードもありました!愛らしい〜。







全体的な印象としては、敷地が広く自然もいっぱいあるのですが、お客さんへのサービスや動物たちの暮らす環境はそれほど日本と変わらなくて(むしろ日本の方が工夫されてる気がして)、7年前に行ったミュンヘンの動物園の方がよかったなーという感じでした。

でも、2年程前にできた新名所、霊長類コーナーは、自然がいっぱいでとっても良かったです!

P1060838 これがその入り口。「アフリカンゾーン」みたいな名前です。






P1060839 くつろぐゴリラさん。
基本的に森の中を散策するような順路になっていて、いろんなおサルたちが自然の中で快適に暮らしています。




P1060841 おサル体験ができる遊び場もあります。







P1060840 「ゴリラと重さ比べ」コーナー。やってみたら大人5人と子ども3人でやっとシーソーが動きました。知らないおばちゃんやカップルも巻き込んで、かなり盛り上がりました。



P1060842_1 ニホンザルはいませんでしたが、いろんなおサルがそれぞれ自分たちのサル山を持っていす。





動物園の敷地内には「ウェストファーレン州立馬ミュージアム」という施設も併設されています。このあたりは世界的な馬の生産地らしく、子どもたちもみんな馬が大好き。
せっかくなので軽くのぞいてみました。

P1060845 ミュージアムの看板。「ヒッポマックス」という愛称のようです。






P1060847 館内。ワンフロアでしたが、充実してました。






P1060858 「日本語の看板がある!」と思ったら、東京オリンピックに出場した馬の厩舎の名札でした。





P1060846 ミュージアムショップには馬グッズがいっぱい。






最後に入り口付近で見つけたドイツっぽい物を。

P1060848 アジア系のカメを保護する為の募金集めなのですが、じょうご状になっていて、お金を落とすとグルグル回りながら落ちていくようになってます。面白いのでみんな次々と10セント未満の茶色い硬貨を放りこんでいました。ナイスアイディア!

|

« サーカス、サーカス! | トップページ | ミュージカル「シンデレラ」 »

コメント

鯉は動物園にはいませんが悪徳商人の家には必ずいます、と説明しておいてください。

最後のやつは、ア○ベン○ャーワ○ルドでもみたような・・・?

投稿: みずむし | 2007年6月18日 (月) 23時17分

こんばんは。
いいですね、動物園!
お、これは秀逸なコメント!
>鯉は動物園にはいませんが悪徳商人の家には必ずいます、と説明しておいてください。
古くは越後屋(時代劇の定番)、最近では「万俵家」(将軍って大きな鯉がいたなあ)。

>ちえぞうです。万俵家は悪徳だったのですか! よく見てないので知らなかったです…。
鯉、なぜかドイツで人気なのですよ。最近ミュンスターで鯉のメッセが開かれたらしいです。みんな「日本の高くて美しい魚」という良いイメージだけ持っています。

投稿: ニコライ博士 | 2007年6月18日 (月) 23時47分

中華料理では、鯉は丸揚げにしますし、日本では鯉の洗い、鯉こくとか…食べることばかり浮かんでしまう…。いかんいかん。
万表家はまあ、悪徳って訳じゃないかもしれませんが、まともにやってるだけやったらあんだけ大金持ちにならんでしょうに。

>ドイツでも「Karpfen(ドイツ語で鯉)」というと、食用の鯉を指すそうです。観賞用は「Koi」(笑)。すでにドイツ語化しています。

投稿: ニコライ博士 | 2007年6月20日 (水) 00時11分

おおおおお!
薀蓄ネタができました。
多謝。

投稿: ニコライ博士 | 2007年6月20日 (水) 23時32分

めっちゃ、鯉で大盛り上がりやぁ
ちえぞうブログ仲間でオフ会?やったらおもしろそう~

投稿: に | 2007年6月22日 (金) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サーカス、サーカス! | トップページ | ミュージカル「シンデレラ」 »