« ちえぞうの誕生日 | トップページ | 実はイタリア行きました(ボローニャ編) »

結婚式にお呼ばれして…

こっちにきてから2回も結婚式を見る機会がありました。

一回目はイルカのいとこの結婚式。
特に招待はされていなかったのですが、教会の式には出席してもいいとのことだったので、行ってみました。

P1060381 隣町の教会にて。







P1060379 式の間は撮影できなかったので終わってから撮った教会の中






P1060380_1 新郎新婦







いやー、やっぱりホテルのチャペルとはぜんぜん違いますね。

普段たくさんの人が来てミサをする「みんなの物」である大きな教会を、2人のためにだけに使っているというのがすごく贅沢な、特別な感じがして、「私も本物の教会で式を挙げたーい」と思ってしまいました。

内容もまさに「ミサ」の形式でした。
歌を歌い、お祈りをし、手をつないで出席者全員の幸せを願い、神父さんのお説教があり、コーラスがあり…。

日本の結婚式は「家族」のための儀式のようですが(お父さんが花婿に娘を渡すとか…)こっちのはほんとに「神に誓う」儀式でした。
主役は新郎新婦と神父さん。いや、むしろ神父さんかな。

ドイツでは通常午前中役所に届け出に行って、お昼に教会で式を挙げ、夜にパーティーをするみたいです。
イルカはこの日夜のパーティーにも出席していました。

そして2回目は先日、6月29日の金曜日のことです。
イルカ&ローラントのお友達グループの一組が結婚するということで、なんと私も正式にお呼ばれしました!

ただ、この2人は教会ではなく、わが村ウェストキルヒェンのシンボルである風車小屋で挙式するというのです。

親戚や友達がたくさん待つ水車小屋の前に、新郎新婦と、その保証人となる友達カップルの4人が馬車に乗って到着すると、みんなぞろぞろ水車小屋の中へ。

P1070447 この馬車で到着!







P1070443 風車小屋の中。階段で2階に上がれます。






狭い階段をのぼって2階のこぢんまりとした部屋に入り、メインの4人のいる机を囲むようにみんな着席しました。

4人の向かい側には一人のおばちゃんが着席。
そのおばちゃんが教会でいうところの神父さんのようにその場を仕切るのですが、まず第一声は
「身分証明書を出してください」

…そう、このおばちゃん、役所の職員さんだったのです。

通常は役所に届け出てから教会に向かうところを、この二人は教会を省略したので手続きを見せる形になったんですねー。

みんなが祝福ムードで見守る中、おもむろに財布をとりだして免許証を出す4人…笑える図でした。

役所のおばちゃんも、にっこり笑いながらゆっくり証明書を見たりと、なんとなく芝居がかっていて、事務的に済ますだけでないところが面白かったです。

P1070441 一通り手続きが終わると「おめでとー!」とハグ。






参列者は小屋を出て、バラの花のアーチを作って新郎新婦が出て来るのを待ちます。

その後子どもたちから合奏のプレゼントがあったり、お菓子やお祝いのお酒がふるまわれたり、ワイワイしながら各々が二人にお祝いを言いに行きます。

P1070445_1 バラと風車小屋。小屋の中にはこういうセレモニーの時でないと入れないそうです。





P1070444 おめでとー!







ひと通りお祝いが終わると、新郎新婦と保証人の4人はまた馬車で去って行ったのでした。

さて、その夜、私にとって初めてのドイツ式結婚パーティー。
会場となったのは、また別の風車小屋でした。

P1070451 こんな所。









P1070452 入り口の前にテントを張ってスペースを広げてました。






P1070448 2階にもテーブルセットが。







P1070449 とても雰囲気のある建物です。







イルカに「風車小屋でパーティー、というのはよくあることなの?」と聞くと、「普通はレストランでするけど、みんな人とは違う素敵な場所を探してるのよ。風車小屋は私も初めて」ということでした。

私はおしゃれなドレスなんか持って来ていないので、浴衣を着て出席したのですが、西洋農家な雰囲気と浴衣…ミスマッチでしたね。

料理は屋外のテントに取りに行くビュッフェ形式。
一通り食べ終わるとみんなお酒を片手に談笑です。新郎新婦はどこにいるか分からないくらいその中にまぎれていました。
とりあえず一回「おめでとう」を言いに行ってしまえばもうみんな好き勝手に過ごしている感じでした。

さて、面白かったのが、友人からのお祝いの品!
ドイツでは、結婚する友達には、もらって困るようなものすごく手間のかかる物をプレゼントすることになっているようなのです。

例えば新郎の友達グループからのプレゼントはこちら。

P1070456 なんだか分かりますか?ビールのコースター(なんと2007枚!)






この中に5枚だけ、裏にとても大事な情報(お金に換えられる何か)が書いてあるというのです!
新郎新婦は夜な夜なコースターをめくってチェックしなければならないというわけです。

そして、我らがイルカ達のグループからのプレゼントは、大量のビールの王冠の中に50セント玉をはめ込んで、そのふちを曲げてとれない状態にしたもの!
新郎新婦は夜な夜なペンチでふちをこじ開けてコインを取り出さなければならないというわけです。

もう嫌がらせなのかお祝いなのか…たぶん嫌がらせですね(笑)

イルカたちはさらに、その一つを撮影して引き延ばしたものでパズルを作り、そのピースを出席者全員に配って「さあ、みんなでパズルを組み立てましょう。プレゼントは何かなー?」という導入の演出をしていました。

P1070455 できあがったパズルはこちら!(ちょっと分かりにくいですが真ん中のがコイン入り王冠です)






イルカ達はこのために、何度も何度も集まって、準備していました。

王冠にコインをはめこむために1回。
パズルを作ると言って集まったけどひきのばした写真を見てバーベキューするだけに終わった1回。
次もパズルを作ると言って集まったのに台紙に貼るだけに終わった1回…。
結局切り分ける作業は前日にローラントが一人でやってました(笑)

とにかく「二人のために何度も集まる」ということ自体に意味があるんだろうなーと思います。

さて、宴もたけなわになってくると、やはりディスコダンス。

P1070457 踊りたい人からダンススペースへ。







P1070458 私もSchuetzenfestに引き続き適当ダンスを披露してきました。








途中、なんちゃってエアギターをやると非常にウケました。
なんせ浴衣ですからねー。

パーティーは朝まで続くようでしたが、私は夜中2時頃引き上げました。

結婚する当人達の事をよく知らない外国人にも楽しめた、ドイツの結婚パーティーでした。

|

« ちえぞうの誕生日 | トップページ | 実はイタリア行きました(ボローニャ編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちえぞうの誕生日 | トップページ | 実はイタリア行きました(ボローニャ編) »