« 3日3晩のお祭りさわぎ(第2夜) | トップページ | ヨッシーの誕生日 »

3日3晩のお祭りさわぎ(第3夜)

さて祭りも3日目。

子どもたちは幼稚園に行きますが、大人たちはみんな朝11時からテントでどんちゃん騒ぎです。
「仕事は?」と聞くと、みんな「このために有給とってんだよ!」とのこと。もう「すげー」としか言えません…。

この日はビールもソフトドリンクもタダで飲み放題!
最終日だから余った分大放出ということなのでしょうか。
2日間飲みまくってるのに、みんなをさらにヒートアップさせるようなこの趣向。大丈夫なのかしら…。

昨日で射撃大会は終わりましたが、今日はそのジュニア版とも言える若者向けの射撃大会がありました。
標的は鳥ではなく、「Hampelman(辞書では「操り人形」となってました)」というハリボテ人形です。

P1070244 そして若者の射撃王はこちら!







さて、舞台上では今日も出し物があります。
なんと我らがローラントも何かやるとのこと!
「射撃裁判官」に扮したローラントがいろんな人を呼び出して裁いていくという内容でした。

「裁判劇」というのはこれまでにないアイディアだったらしく、みんな酔っぱらいながらもかなり集中して見てくれていました。
最初は市長、次は先代の射撃王という具合に、大物を呼び出して好き勝手にいじるのがかなりウケていました。大成功です!

昨日や一昨日やった出し物のアンコールなんかもあり、楽しいなーと思って見ていると、一人のおじちゃんが私のところへやってきて一言。
「あなたを舞台上で紹介していいですか?」
ええーーっ!

きっと目立ってたんでしょうねー。会場があまりにもうるさくてゆっくり話せる状況ではなかったので、とっさに紙に「1年間ペルケ家にいてミュンスターの小学校でゲストティーチャーをしています」という内容を書いて渡し、ドキドキしながら出番を待ちました。

舞台上ではその後、射撃クラブ最年長者の授賞式などセレモニー的なものが入り、ずいぶんたってからついに司会の男性が「Schuetzenfestもインターナショナルになりました!」と話し始めました。

「おっ、私だ!」とスタンバイ。
「日本からやってきた彼女を紹介しようっ!!」とかなりかっこよく紹介され、私はさっそうと舞台上へ。そう、私はミスユニバース(誤)!
巨大テント中の人々の視線が、このちっこい日本人に注がれます。ヒューヒューと大歓声!

きっと何か言わなければならないと思って頭の中でドイツ語を組み立てていたのに、司会者は一人でペラペラと盛り上げており、入り込む隙がありません。
最後の最後に彼は私に質問。「ドイツのビールはどうですか?」
私は一言、

「Ganz lecker!(めっちゃおいしい!)」

…私の出番は終わりました。
(そしてこの「Ganz lecker!」はその後も私の周りで語り草となったのでした)

まあ何はともあれ、「この村にこんな日本人がいるよ!」と正式に紹介してもらえたということで、今後は「アヤシイ外人」という目で見られなくて済むかなと、ちょっと気が楽になりました。
でもみんな酔っぱらってたのでちゃんと覚えているかどうか…(笑)

夕方に舞台上のイベントも終わり、もうお開きだろうと思っているのに人々は帰る気配なし。
私はさすがに疲れて帰ったのですが、ローラントはこの日も10時すぎまで帰ってきませんでした。

いやー、ほんと言葉通り「三日三晩」のお祭りでした。もう満腹です。
これまで飲まなかった分を取り返すようにビールもたらふく飲みました。

会場でローラントの友達に「ミュンヘンのオクトーバーフェストもこんな感じだよ。もっと凄いけどね!」と言われたのですが、これより凄かったら私は死んでしまうんじゃないだろうかと恐ろしささえ感じるちえぞうでした。

|

« 3日3晩のお祭りさわぎ(第2夜) | トップページ | ヨッシーの誕生日 »

コメント

ミスユニバースひっぱるねぇ(笑)

投稿: に | 2007年7月 6日 (金) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3日3晩のお祭りさわぎ(第2夜) | トップページ | ヨッシーの誕生日 »