« 夏の旅日記(後半) | トップページ | お仕事のこと »

夏の旅(オーストリア編)

ずいぶん更新が久しぶりになってしまいました…。
9月22日から10月6日まで、学校が秋休みだったので、またもや旅行に出かけておりました。
…というわけで、8月の旅行の続きからです。
(もう2ヶ月も前や〜ん)

8月13日、日本へ帰る旅の共たちを見送った後、私と友人Nちゃんは、ミュンヘン中央駅で、新たな旅の共、Hさんと落ちあいました。
さっそくウィーンへ出発です!

しかし私、オーストリアに関する知識はほとんどゼロでして、
「ウィーン」と聞いても、「はて、何があるのかしら?音楽が…有名?」という程度のイメージしか持っていませんでした。
それに対してHさんは、「ドイツよりウィーンが好き!」と言いきるほどの、お見事なウィーン通。
すっかり頼りっきりというか、まさにガイドしてもらってしまいました。
感謝感謝です。

さて、ウィーンという街、どんな印象だったかと言いますと…、

す・て・きっ!!
ひと言でいうと「古き良き美しき都」ですね。

一国の首都なので、もちろん都会ではあるのですが、街全体の雰囲気が、そこはかとなくレトロなのです。
「そのまま変わらない君でいて〜」
と、何度となく心の中で叫びながら、3日間、ウィーンを余す所なく楽しませていただきました。

1日目は、まず町の中心部をぐるっと見物させてもらいました。

P1090031_2 町のシンボル、シュテファン寺院。でっかい!













P1090036_2 その横手には「フィアカー」と呼ばれる馬車が、ずらりと並んでいました。








P1090037_3 御者のお姉さんがあまりにも素敵!










そして、ハプスブルク家のお住まい、王宮へ。
道が広い!建物がでかい!
そしてなにより、美しいーっ。
と、もう感動しっぱなしでした。
マリア・テレジア様バンザイですよ、ほんと。

P1090045 美術史博物館の建物も、うつくしい〜。







博物館の前に、どーんとそびえる、マリアテレジア像にも謁見を済ませ、
もう一人の重要人物にもご挨拶に伺いました。

P1090041 モーツアルト様ですー。









その後、レトロでかわいいトラムに乗って、市庁舎前へ。
オペラがお休みの夏の間は、ここで毎晩フィルムコンサートが行われるのです。
市庁舎の壁に、バーンとでっかいスクリーンが掛けられ、いわゆる野外映画館のような状態に。
広場中に屋台が並び、けっこう早い時間からみんなわいわいお祭り騒ぎ。
あー、なんていい町なんだ〜。

P1090066 スクリーンを見る見ないにかかわらず、みんな飲んで食べて、楽しい夜を過ごしてました。








2日目は、お買い物をした後、カフェへ。「ウィーンはカフェの町」といわれる意味が、よ〜く分かりました。

P1090070 Hさんお気に入りの老舗カフェ。中はね、もうね、城でしたよ。パレスですよ。めちゃめちゃいい気分でした。






夜は、これまたウィーン名物の遊園地、プラーターへ。

Imgp1665_2 名物の大観覧車です
















かなり大規模なのに入場無料で、誰でもいつでも、ふらりと立ち寄れる遊園地があるなんて、
あー、なんていい町なんだ〜。
遊具のデザインも、ドイツのより品があって「レトロかわいい」ものが多かったです。

3日目。朝一番からシェーンブルン宮殿へ。
「ここを見なきゃウィーンを語れない」という目玉スポットです。
内部を見学した後、お庭へ。

P1090101 うっつくしい〜!










P1090110 うっつくしい〜!
かんかん照りの中、がんばって歩いた甲斐がありました。





お昼はこれまたウィーン名物の…
P1090122 「グーラシュ」を食べ…、









その後、ウィーンが生んだ芸術家フンダートヴァッサーの作品が展示されている、ウィーン芸術館へ足を伸ばしました。

P1090126 建物全体が、フンダートヴァッサー節でした。
「アンチ直線!曲線大好き!」

という方なので、床板から何から全部、不規則に曲がっていて、めちゃくちゃ面白かったです。



その後トラムに乗ってウィーンを一望できるお山、カーレンベルクへ。絶景を楽しんだ後、ふもとに降りて、ワイン酒場ホイリゲで晩ご飯。

P1090141 本場のウィーナーシュニッツェルと…









P1090139 旬の味覚、シュトゥルム(発酵中のワイン。白ワインの赤ちゃん)をいただきました!










いやー、もう、満足満足。ええとこ全部見せてもらったぞ!という感じで、ウィーン3日間ツアーは終了しました。
ウィーン最高。マリアテレジア様…バンザイ!

翌日はザルツブルクへ。半日間でしたが、市内観光や買い物を存分に楽しみました。
P1090157 ザルツブルクは、川とお山の町。ウィーンとはまた違って、ええ風景です。







P1090159 看板がかわいい、お買い物通り。









P1090164 すんごくかわいい、「イースター卵」屋さんも見つけました!








P1090192 もう、量が尋常でないのです。思わず一個買っちゃいました。無事持って帰れるかな?







P1090187 元祖!モーツアルトチョコのお店にも連れて行ってもらいました。








P1090152 そして、ついにいただきました。ホテルザッハーの、ザッハトルテ!「ザルツブルクのザッハーは穴場。ウィーンより落ち着いていただけるよ」とのHさんの判断。すばらしい!!




翌日はお昼ごろミュンヘンへ向かい、オーストリアとはおさらばしました。
いや〜、ほんとよかった。
ただ一つ残念だったのは、ウィーンでお財布を盗まれてしまったこと。
チェーンがついてるからと油断していたら、うまいこと切って持って行かれてしまいました(泣)
みなさん、財布は必ず、ファスナーのついたところにしまいましょうね。

最後に、おまけコーナー。

P1090077_2 ウィーンの信号。自転車の正面図というのが新しい。








P1090201_2 オーストリアで人気の清涼飲料水。ジンジャエールみたいな感じでおいしかったです。

|

« 夏の旅日記(後半) | トップページ | お仕事のこと »

コメント

ヨーロッパの街並みはほんときれいね~!
ウィーンといえば音楽の都?くらいのイメージしかないけど、あのへんの国って全部似ているようで少しずつ特色が違うんでしょ?
ザッハトルテは有名だけど、私は食べられないから残念だわあ。おいしかった?

そしてお財布、災難だったね・・・
カードとか大丈夫だった?
私はイタリア旅行したときに、冬だったからパスポートとカードと高額紙幣は全部首につりさげてタートルニットの下に、というベタなことをしたよw

あと、かばんは必ず前の方に持ったし、すぐ見れるようにファスナーの持ち手も前にしてた。日本人は狙われやすいから海外出るときはどこでも気をつけないとね。
見落としがちだけど、住んでるところも一応外国だからw、外出するときはいつも気を張ってなきゃいけない海外生活はなかなかしんどいわね。

でもドイツ生活も後半に入ったんじゃない?あと少し、最後まで気を抜かずに楽しんできてね!

投稿: aki | 2007年10月11日 (木) 10時22分

私もドイツとオーストリアはほとんど一緒だと思っていたのだけど、ウィーンは、全然ちがったよ。
なんだか、ひと昔前(日本でいうと明治大正あたり?)に迷い込んだような気分。
すごくしゃれていて、文化的で、暮らしやすそうで、私もしばらく住んでみたくなりました。

ザッハトルテは、めちゃめちゃおいしかったよ〜。中にあんずのジャムが入っているのです。
横に砂糖の入っていない生クリームが添えられてるんやけど、これもすごくおいしかった!

お財布(泣)。こっちに住んでると、あまり海外旅行という気分じゃないので、きっと油断してたんやろうね。
カードやら諸々のことはもう解決したので、ご心配なく。
ありがとう!

投稿: ちえぞう | 2007年10月12日 (金) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏の旅日記(後半) | トップページ | お仕事のこと »