« バタバタですわ | トップページ | あと1ヶ月 »

フランクフルト(コスプレ)ブックメッセ

学校が冬休みにはいり、ちょっとひと息ついたので、やっと更新です。
なんと、10月までさかのぼります。すいません…。

10月13日、世界の本の祭典、フランクフルトブックメッセに行ってまいりました。
世界中の出版社がブースを出して、版権のやりとりなどをする、一大見本市、本のオリンピック、というわけで、「ドイツにいるからには、ちょっくら、この目で見ておこう」と、今回も物見遊山的にのりこんでまいりました。

朝イチに着いて、終わるギリギリまでいたのですが、まあとりあえず、

広い!!

ボローニャ児童書展もたいがい広かったですが、今回はその比にならない規模です。世界中の出版社のブースに加えて、映像、古本、紙の業者まで来ているので、もう、全部見て回るのは、無理ですわ。
…と、お昼頃にあきらめた私は、ドイツ児童書部門と、クリスタさんがブースを出している「Kunstbuch(芸術本)」部門をメインに回ることに決めました。

しかし、ドイツ児童書コーナーの建物が、あまりに混んでいる。しかも、おかしな服装の人がうじゃうじゃ。これは…、
コスプレです。コスプレイヤーたちです!
実は児童書部門のすぐ隣がコミックコーナーになっていて、この日は週末で一般入場できる日だったので、ドイツ全国からMANGAファンたちが集結していたのであります。
広場にも、建物の中にも、群れる群れる、コスプレイヤーたち。
フランクフルトブックメッセは、いまやコスプレイベントと化していたのでした…。

そんなMANGAファンたちを横目で観賞しつつ、時間に追われながら見て回ったのですが、一番おもしろかったのは、やはり「Kunstbuch(芸術本)」コーナーでした。

芸術作品としての本、いわゆる手作り本のコーナーなので、クリスタさんのような活版印刷の人や、カリグラフィーの人、手製本の業者などがブースを出していて、他の部門のお商売的な雰囲気とは違う、クリエイター的といいますか、なんとも浮世離れした空気が流れていました。

まずクリスタさんのブースに顔を出すと、懐かしのマイスターは私を見てひと言、
「元気っ?(
Wie geht's?)」

「あなた誰だっけ」とか「ほんとに来たの?」とか、そういうをすっとばした、昔からの知り合いのようなあいさつに、感激です、光栄です、さすがです、マイスター。

久しぶりに見たクリスタさんの作品たちはやっぱり素敵で、あれもこれもと見ていると、隣にどうやら日本人らしい若者が2人。
話をすると、大阪で雑貨&本屋を営んでらっしゃるそうで、ブックメッセとクリスタさんの工房見学をメインに、ドイツを見て回っているとのこと。また一つ、面白い出会いをしました。

お二人はドイツ語がしゃべれず、クリスタさんは英語ができないので、話の流れでなぜか私が通訳をすることに。たどたどしいドイツ語なのに、「すごい!ペラペラですね!」と言われ、勘違いしてええ気分になってしまったちえぞうでした。

人ごみをすりぬけ、縦横無尽に歩き回り、要所要所で手に入れたカタログはずっしりと重く、最後はへろへろになってタイムアップとなりましたが、世界中の本に携わる人たちが、ひとところに集まってワイワイしている雰囲気が味わえて、とっても充実した一日でした。

P1100524 やってきました、フランクフルト中央駅!








P1100499 人の流れについて歩いて行くと、意外と簡単に会場に着きました。入り口前で古本市をやってました。「おおー、さすが本のお祭り」と思いながら入場。





P1100501 とにかく広い!








P1100500 本がらみのイベントも盛りだくさん。まずは、中庭にあるサーカス小屋みたいなテントの中へ。「2007年ドイツ児童図書賞」受賞者の座談会を見てきました。






P1100502 本の上に座ってる…みたいに見える、いす







P1100522 辞書メーカー「Lamgemscheidt」のブース。







P1100503 ブレーメンの音楽隊も読書中。







P1100504 本だけじゃなくて、地球儀コーナーもありました。地図つながりのようです。






P1100506 クリスタさんのブース。来年5月、日本に来られるそうです。会えるといいなあ。







P1100507 クリスタさんのお隣のブースには、変わったおじさんが。一見普通の本が、表紙を持ち上げると、ビヨーン。
「これは日本の製本技法だ。知らないのか?」と言われました。うーん、何折りと言うのでしょう、これ。



P1100508 製本職人さんの実演もありました。








P1100509 DS体験コーナーも。








P1100510 ドイツの子ならみんな知ってる人形アニメのキャラ「Sandmeannchen(砂まき小人)」の本。眠りを誘う魔法の砂をまく妖精です。





P1100511 「カラテハムスター」!








P1100512 ドイツで大人気「Hexe Lili(魔女リリー)」作者のサイン会に遭遇。さっそく、そこらにあったポスターをひっつかんで、一筆いただきました!ヨッシーとシャナへのお土産に。




P1100514 ドイツでおなじみのミニ絵本「Pixi」。持ってるこの方もかわいらしい。







P1100515 「騎士の城」という本を開くと…








P1100516 騎士の城がドーン








P1100517 お花の種がついた本もありました。








P1100519 コスプレイヤーたち








P1100520 こちらも。








P1100521 もっとすごい方たちもいっぱいいたのですが、残念ながら撮り逃しました。







P1100523 ドラえもんも、ドイツ語で「Willkommen!(ようこそ)」という札をあげてます。
日本コーナー、小学館さんのブースにて。






P1100525 せっかくなので、少し観光も。フランクフルトもきれいな町でした。







P1100526 旧市庁舎の中庭。美しい。








P1100527 最後に小ネタ。レストラン「黒星亭」ですって。おすもうさんは入れませんねー。

|

« バタバタですわ | トップページ | あと1ヶ月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バタバタですわ | トップページ | あと1ヶ月 »