« 秩父を旅する | トップページ | 国際子ども図書館を考える全国連絡会 »

東京の祭りに参加する

5月22日、驚愕の体験をしてまいりました。

なんと、東京のお祭りで、みこしをかつぎました。
夫婦そろって。

きっかけは、1年半前の新婚旅行にさかのぼります。
アメリカ合衆国フロリダ州にある、巨大な夢の国へ行った私たち。

関空→羽田→成田→シカゴ→オーランドという、地獄のような長時間移動を、若さ(?)と勇気で乗りきったものの、
「こりゃ、子どもが生まれたらできないね。新婚旅行にしといて正解だわ。」と言っていたら…

なんとなんと、同じツアー客に、いたんですね。不可能を可能にしたコンビが。
おばあちゃんと3歳の孫娘というコンビが!

しかもまあ、その孫娘ちゃんというのが、なんとかわいらしいこと!
プリンセスやミニーちゃんのコスプレで連日我々を魅了しながら、口からとびだすのは、もっぱら下系の単語ばかり。

Oh, It's肛門期!

超魅力的な彼女と、江戸っ子パワフル素敵人間のおばあちゃんのおかげで、旅はぐんと楽しさを増したのでありました。

さて、時は流れ、このたび埼玉に引っ越したわたしたちは、そのなつかしのおばあちゃんから連絡をいただいたのでした。
「東京のうちん家に遊びにおいでよ」と。
彼女、タダものではないと思ったら、会社経営者でした。
しかも、デザイナー兼フォトグラファー兼ダイバーという、ものすごいかっこいいお仕事。
そこで5月22日、彼女の住む湯島のおまつりに、ご招待を受けたのでした。

P1190329















残念ながら、当日、ご本人にはちょこっとしか会えず、孫娘ちゃんも今、家族そろって北京に行っちゃってるので、いっしょにダイビングショップをやってらっしゃる長女さんがもてなしてくださったのですが…

さすが! かっこいい母からはかっこいい娘が生まれるものですね〜。
初対面で会っていきなり、「ようこそ! じゃあ着がえましょうか!」
いきなり、祭りの衣装に着替えさせられてしまいました。
さらに、背中にその地域の名前をしょったハッピを提供されました。
これ…あきらかに、地元民の格好やん。
そして言葉のはしばしに当然のように、「かつぐ」という単語が…。

3時から神輿があるということですが、まさか…まさか…

さて神輿の始まる時間まで、何をするかというと、ダイバーショップを宴会場にして気の合う仲間たちと飲んで食べて、しゃべってしゃべって…。
みなさんと我々は、とうぜん初対面なわけですが、これがなんとも楽しくっていい方々ばかり。うちの旦那のテンションもうなぎのぼり!

さて、いよいよ神輿タイムがやってきた!ということで、繰り出した私たち。
P1190331
おお〜、これが東京の神輿か〜。
やっぱ布団太鼓とはちがうな〜。
イナセだねぇ〜
なんて見物してたら…



おやおや!
さっきまで飲んでた仲間が、担ぎ手の中にとびこんでゆく!
おお〜、うちの旦那も!
いいのか?いいんだな?
そんなら私も!

というわけで、参戦しました。
やってみたら、これがまあ、たのしい!
見てるのと入るのとじゃ、えらいちがいです。
しかも、私は背がたりないので、まったく重みがかからない。

戦力外バンザイ!

ひととおり、わっしょいわっしょいして、一度休憩して宴会を再開して、日が暮れてからまた担ぎにでかけて、終わったらまた宴会して…。

結局夜中近くまで楽しませていただきました〜。

普通、地元に生まれそだった者にしかできないことですよね。
うちの実家にはそういうのはないので、生まれて初めてお祭りの真ん中に立てた気がします。

そんな人間でも受け入れてもらえる湯島のお祭り、スバラシイ!
というか、ダイビングショップ「フリーダムファクトリー」、最高!

http://www.freedom-diving.com/

ありがとうございました〜♪

|

« 秩父を旅する | トップページ | 国際子ども図書館を考える全国連絡会 »

コメント

ちえちゃん
なんと素敵な日記を!
読み進むにつれて、たのしかったお祭りが思い出されて、あさから泣いてるんですけど(笑)
今月末にはばあば&お孫ちゃんも揃うので、また”地元”に遊びにきてね!

投稿: めいを | 2010年5月31日 (月) 09時12分

わあ、めいさん!
こちらこそ、ありがとうございました〜happy01
泣くほど楽しかったですよね〜。うんうん。
もちろん6月末、楽しみにしてま〜す!

投稿: ちえぞう | 2010年5月31日 (月) 10時58分

年寄りばかりの中で、戦力を当てにされて神輿を担いだ事がある人間には、リアルに笑えるお言葉。
「戦力外バンザイ!」
素敵です。

投稿: Coke | 2010年5月31日 (月) 23時24分

そりゃ大変ですね〜sweat01
湯島は、戦力外とわかった上で温かく入れてくれる、ステキ殿方ばかりでした。
ありがたや。

投稿: ちえぞう | 2010年6月 1日 (火) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秩父を旅する | トップページ | 国際子ども図書館を考える全国連絡会 »