« 杉山亮さんが面白い | トップページ | ちひろ美術館・東京 »

東京子ども図書館

先日、「東京子ども図書館」に行ってまいりました〜。
http://www.tcl.or.jp/

ここは、石井桃子さんのかつら文庫、松岡享子さんの松の実文庫、土屋滋子さんの土屋文庫が母体となって作られた、私設の図書館。

子どもの本関係者なら、鼻血モノの、このお名前。
しかも、「私設」ですよ、「私設」!
図書館なのにっ。

児童サービスの理想が、きっとここにある♪
と期待して、駅からちょっと
遠い不便なところではありましたが、のんびりてくてく、行ってまいりました。

住宅地を、「ん〜、こんなところにあるのかしら…」と思いながら歩いていると…、

P1190363_2
ありました!
レンガ造りのすてきな建物。








P1190364_2










ちょうど、3時からのおはなし会が始まるところだったので、見学できるかも〜なんて思っていたのですが、案の定

「子どものためのお話会なので、子どもだけです」

と言われてしまいました(泣)
こんな時ほど、子どもになりたいと思うことはありませんね。

「子どもたちがおはなしを聞きに行くところは見られますよ」
ということだったので、おはなしの部屋にわ〜っと集まってくる子どもたちを、外からながめていたのですが、

…あ、あれは。
部屋の入り口で、「おいでおいで〜」と、笑顔で子どもたちを迎えて入れているのは…、
見ているだけで、ほっとなごんで、自然に近くに寄っていきたくなる、とびきり優しい笑顔の、あの方は…。

松岡享子さんでした。

不躾ながら、心の中で、
「ナマや!ナマ松岡享子や!」
と叫んだちえぞうでした…(笑)

おはなし会が終わってから、スタッフの方にお願いして、お部屋の中を見せてもらいました。

P1190367 すてき〜。
冬にはストーブ、つくのかなあ?









さてこの図書館、はじめての人は、館内をガイドしてもらえるということなので、もちろんお願いしてみました。

まずは、地下の資料室から。
ここは、子どもの本に関わる大人のための資料室で、なんと貸し出しも可能。
P1190365
厳選された資料なので、書架を見てまわるだけでも、「あ、こういう本を読んでおけばいいんだな」
ってのがわかる、ありがたい空間でした。



この部屋の司書さんが、東京子ども図書館の成り立ちから、今ある機能まで、詳しく説明してくださったのですが、
いや〜、すごいですね。
私設で図書館を作ってしまおうという発想、そのための努力、知恵、勇気、そして、信念をつらぬく精神力。
この図書館を作り、運営してきた方々には、もう、とにかくとにかく脱帽です。

特にすてきだなと思ったエピソードをひとつ。

東京子ども図書館が開館した当初は、今の建物ではなく、マンションの一室のようなところで、こぢんまりと運営されていたそうです。
ある時、松岡享子さんが、ご自宅のそばでいい土地が売りにだされた!という情報を手に入れ、さっそくみんなで頑張って購入!
その土地には、もともと3人のおばあさんが住んでいて、土地を売ったあと、彼女らはアメリカに渡ったということ。
そうして13年前、この場所に、現在のレンガ作りの図書館がオープンした、という話です。

…3人のおばあさん。
…アメリカ。

こりゃもう「おはなし」ですよね。物語ですよね。
なんてこの図書館にぴったりなエピソードでしょう。

さて、資料室を存分に楽しんだ後は、1階の児童室へ。
ここでは、児童室担当のスタッフさんが説明をしてくださいました。
P1190368
なんとも居心地のいい空間。









P1190366
ここをくぐって、絵本の世界へ…。








ここはもう、純粋に、地元の子どもたちのための場所です。

しかし、贅沢〜。
こだわりぬかれたコレクションですもの。
そんなに大きな部屋ではないのですが、乳幼児から高校生までを対象としているというのが、驚きでした。

いいな〜、この近くに生まれ育ちたかったな〜、
と、本を楽しむ子どもたちの背中に、かなりジェラシー。

この図書館では他に、児童サービスを学ぶ人のための研修生制度や、奨学助成制度まであって、後進育成に特に力を入れておられるとのこと。

しかし、対象は基本、20代まで…(泣)

…はぁ〜、もっと若ければ、私だって…

と、切ない気持ちになってしまいました。

とはいえ、歳に関わらず参加できる講習会やおはなし会もあるので、いろいろ行ってみたいなと思います!

まだまだ勉強や!!

|

« 杉山亮さんが面白い | トップページ | ちひろ美術館・東京 »

コメント

おぉ!
ちえぞうの理想郷

いかがお過ごし?

ブログやメールを読む限りニューライフを
満喫しているようで羨ましい限りだす。

夏休みに遊びに行けたらなあなんて
おぼろげに企んでいる次第であります。

投稿: ミバエ | 2010年6月10日 (木) 08時02分

元気よ〜happy01
ありがとう!
ぜひ遊びにおいでやす。
夏休みは関西に帰ってるかもですが…sweat01

投稿: ちえぞう | 2010年6月15日 (火) 22時48分

こんにちは!

ポプラ文庫のみどり(HN)です。

6月は2回もちえぞうさんとご一緒できて楽しかったです♪

ご紹介したチョムプーさんが、大学の大先輩にあたるなんていう驚きもありましたね~

私もホームページの片隅でブログやっています。というか今はブログの更新しかできてないのですが^^

ぜひここをリンクさせてくださいね。

私のブログ「みどりの緑陰日記」のURL↑に書き込んでおきます。

これからもどうぞよろしく♪

東京子ども図書館、いいですよね~我が家からは自転車で20分弱ですが、大好きな場所です。

投稿: みどり(greenkako) | 2010年6月30日 (水) 16時25分

みどりさん、ありがとうございます!
ぜひリンク、よろしくお願いします!
しばしば更新が滞るブログですが、あきらめずにたまにのぞいてくださいね(笑)
東京子ども図書館が自転車圏内なんて、うらやましすぎます〜。
ポプラ文庫も、近々のぞきに行きたいです!

投稿: ちえぞう | 2010年7月 7日 (水) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 杉山亮さんが面白い | トップページ | ちひろ美術館・東京 »